事業資金の調達と返済について

subpage01

事業資金とは、事業を運営するために必要な資金のことです。

ファクタリングの比較情報を集めました。

例えば、個人で店舗を新規オープンする場合、店舗物件の取得費用、内装費用、商品の仕入代金、人件費、広告宣伝費などがかかりますが、これらを支払うのに必要な資金のことをいいます。
このうち、店舗の取得や内装費用として必要な資金を設備資金といい、仕入代金や人件費その他の日常的な費用に要する資金を運転資金といいます。


一般的に、金融機関から資金調達をする際には、設備資金を借りるほうが借りやすいと言われます。

運転資金を借りなければならないということは、それだけ日常的な資金が不足しているのであり、返済が滞る可能性があると金融機関は考えるからです。
これから開業しようとする人、あるいは新規の設備投資をしようとする人が事業資金を準備するにあたり、必要なことがあります。
それは、自分で用意できる金額がいくらであるかを把握することです。

場合によっては、家族や近親者からの資金援助があるかもしれません。


いくらの資金が必要で、そのうちいくらは借入しなくても調達できるのか、事前にある程度把握しておかなければ適正な金額の借り入れができず、お金が足りなくなってしまったり、逆に借りすぎて利息の負担が増えるということになってしまいます。

借入をすれば当然返済をしなければなりません。



返済期間は長期にわたるので、その間にいろいろな不測の事態が起こることでしょう。

ぜひ、返済計画は余裕を持たせておいてください。
せっかく事業資金を調達することができたのに、返済の際に資金ショートしてしまった、となっては意味がありません。