感情のない想像上の日記 http://wherryrockets.com My WordPress Blog Mon, 30 Jan 2017 03:34:17 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 整形外科でブロック治療を受ける http://wherryrockets.com/?p=21 http://wherryrockets.com/?p=21#respond Mon, 30 Jan 2017 03:34:17 +0000 http://wherryrockets.com/?p=21 整形的な疾患があり、痛みが伴う場合、まず受診をして診察、検査を受けその原因が分かったら、鎮痛剤などの投与を受けるでしょう。
表参道の整形外科のサイトはこちらです。

整形外科では運動器系の疾患が主なので、動くたびに痛い、また痛みのために日常生活が困難だという人は少なくないのです。

そして痛みを軽減するために整形外科に通う人も少なくありません。

そんな時医師は診察をしてその痛みの程度から内服による鎮痛剤を使用したり、特に痛みが強く日常生活にまで大きな影響を与える場合には、ブロック注射を行うこともあります。

整形外科の疾患で発生する痛みの中にはほぼ慢性的な痛みになり、鎮痛剤も長く使用しているという人もいますね。

そのために鎮痛剤も効かなくなってきているという人やもう痛みに耐えられないという人もいるのです。

そのような人には医師がブロック注射を施すことがあります。

これは神経に直接注射をして痛みを取り除く方法ですが、とても鎮痛効果が高く、効果が見られるのです。

そのために痛みをとるために最終手段といっても過言ではありませんね。

痛みをとることが出来るのは一時的にすぎませんが、その間に安静にすること、またリハビリなので、ほかの機能を改善させることなどに重点を置けば、少しずつ痛みのあった場所の周りを強化することが出来、改善につながることがあるのです。
そのために医師もブロック注射を選択することがあります。

その人の年齢や生活習慣など全て考慮したうえで判断する治療法ですが、とても効果のある治療法なのです。

]]>
http://wherryrockets.com/?feed=rss2&p=21 0
皮膚科で行う2つのタイプの水いぼの治療 http://wherryrockets.com/?p=18 http://wherryrockets.com/?p=18#respond Mon, 30 Jan 2017 03:32:35 +0000 http://wherryrockets.com/?p=18 水イボの正式名称は伝染性軟属腫といい、水いぼにかかっている人から感染するウイルス性の病気です。
渋谷の皮膚科のサイトはこちらです。

患部を直接肌に触れた場合や、タオルやビート板を同じものを使用したことなどで起こります。

プールをよく利用する子供に多い病気ですが、家庭内で親にも感染する可能性のある病気です。

他の人に移さないためにも治療の必要があります。

水分が入ったようないぼができますが、そのまま放置しておくとどんどん増えていきます。

そのため早めに皮膚科で治療を行った方が治る期間が早くなります。

数が少なければ皮膚科の医師が特殊なピンセットを用いて水いぼを取り除いたり、電気で焼いたりと直接皮膚にアプローチして治療します。当然この治療法は痛みを伴います。

ところが、この治療法で対処できない場合があります。
それはあまりにも水いぼの数が多すぎて取り切れない、取りこぼしがありそうな場合です。

そんな時は内服薬で治療します。ヨクイニンという成分が入った生薬を処方されます。このヨクイニンはハトムギに多く含まれていて、水いぼ以外にもニキビ肌などの皮膚のトラブルに効果がみられる成分です。
生薬なので穏やかに作用するため、効果が十分に現れるまで数週間から数か月かかります。

その間皮膚科とはお付き合いをしなければいけませんが、他の人に感染するかもしれないとか治らなかったらどうしよういった心配がなくなります。

皮膚科の病気をきっかけにじっくりと自分の体と向き合って快適な生活を送りましょう。

]]>
http://wherryrockets.com/?feed=rss2&p=18 0
整形外科と骨粗しょう症治療 http://wherryrockets.com/?p=14 http://wherryrockets.com/?p=14#respond Mon, 30 Jan 2017 03:29:27 +0000 http://wherryrockets.com/?p=14 骨粗しょう症は、整形外科で相談をして、適切な治療をしていくことが可能です。
待望の渋谷の整形外科の情報探しはこのサイトから初めてください。

整形外科は捻挫や骨折だけではなく、骨粗しょう症という問題にも対応しています。
年齢を重ねていると人ごととは言えなくなってくるのが、骨粗しょう症の症状でもあります。

誰もがなるとは言えませんが、骨粗しょう症は整形外科でのアドバイスも受けて、早めの対策をスタートさせておくのがいいでしょう。

骨粗しょう症の治療は、薬物療法に食事療法、それに日常的な運動習慣などで対処していきます。

食事からの栄養と運動は、骨粗しょう症予防をしていくにあたっても欠かせないことです。

そこに、お薬の力もプラスしての治療をしていきます。

薬物療法ではカルシウム剤や、骨吸収抑制をメインとした作用の薬剤、それから骨形成刺激をメインにした作用の薬剤と、それ以外の薬剤を使います。

これは活性型ビタミンD3やビタミンK2などです。

食事療法では、骨の量を維持したり補助するカルシウムや、カルシウム吸収を補助するビタミンD、骨に必要となタンパク質をつくるビタミンKなどを、積極的に日頃から摂取するようにします。ほかにも必要な英勝訴はあって、ビタミンCやビタミンB、マグネシウムなども摂取することです。

1日あたりの人間が摂取目標とするカルシウム量は、800mg以上の量になります。
乳製品のみではなく、納豆や豆腐などの大豆食品にも豊富に含まれています。

運動は体に無理のないように、歩く習慣をつけるのが良いでしょう。

散歩や買い物などとにかく楽しく歩くと続けやすいです。

]]>
http://wherryrockets.com/?feed=rss2&p=14 0
内科の果たす役割について http://wherryrockets.com/?p=11 http://wherryrockets.com/?p=11#respond Mon, 30 Jan 2017 03:28:08 +0000 http://wherryrockets.com/?p=11 内科は、医療行為において中心となる科になります。

患者が、体調の不具合を訴えた場合、どの科に受診すればよいのか迷うところでもあります。その場合、とりあえず、または真っ先に内科にかかり、その診断結果に基づいて最も適切な科を案内することになります。まさに、様々な疾患が、人間の体内の中心部から派生しているかのごとく、中核を担うものになります。内科にかかりますと、問診、触診、聴診器などを使った診察になります。あくまで、目で確認できる範囲と、患者の身の回りの環境などを聞き取った内容による判断になりますので、深部に及んだ詳細な検査は、次の科にバトンタッチすることが多くなります。
クオーツタワーの内科のサイトはこちらです。

この問診の際の聞き取りは、発症の原因を突き止める重要なポイントになることがあります。診察時間を十分にとって対応する必要があります。このように内科は、該当する疾患がどの科に属するものかを見極める窓口になりますので、他の科との連携が大切になります。分類が異なるからと言って関与しないとの立場をとってしまうと、医療の基本から外れた対応になる可能性があります。内科での診断結果を他の科に対して的確にフィードバックしなければなりません。必要に応じて、協力し合って臨まなければならないこともあります。リーダーシップをとることもあれば、補助的な役割を果たすこともありますので、患者の早期健康回復のためには、常に柔軟性が求められてることになります。

]]>
http://wherryrockets.com/?feed=rss2&p=11 0
安全性が高い歯のホワイトニング http://wherryrockets.com/?p=8 http://wherryrockets.com/?p=8#respond Mon, 30 Jan 2017 03:27:00 +0000 http://wherryrockets.com/?p=8 歯を白くしたいと思ったら、以前は歯医者に行って歯の表面を削ったり、削った歯の上に薄いセラミックの板を貼り付けたりしていましたが、今ではより安全なホワイトニングの技術が開発されています。
渋谷のホワイトニング
のサイトはこちらです。
現在歯医者でおこなっているのは、薬剤を歯に塗ってレーザーや光で色素を除去する方法です。薬剤には過酸化水素を主成分としたものが使われ、歯に塗ると酸素と水に分解されます。この酸素が色素と結びつくことによりし、結果的に汚れが落ちます。またこのとき発生する活性酸素が、エナメル質の見え方をより白くする効果もあります。加齢や食べ物やタバコによる変色に効果がありますが、人工の歯や抗生物質による変色には効きません。使用する薬剤や機器によって違いますが、料金は5~10万円といったところでしょう。この方法は即効性はあるのですが、効果は3~6ヶ月しか持ちませんので、定期的に通院することが必要です。これとは別に自宅でできるホワイトニングもあります。自分の歯形に合わせたマウスピースを作り、そこに薬剤を流し込んで装着する方法です。低濃度の薬剤を使用するので効果が出るまでに2週間以上かかりますが、効果は1~2年続きますので費用を安く抑えられます。料金は3万円前後ですが、初回以降薬剤の料金と検診料が必要になります。

ホワイトニングの薬剤については安全性が確認されており安心できますが、副作用として知覚過敏が起こることがあります。特に自宅でのホワイトニングで、決められた回数や時間を守らない場合に生じやすくなります。自分の歯に効果があるかどうか知りたい方は、歯医者に相談してみましょう。

]]>
http://wherryrockets.com/?feed=rss2&p=8 0
歯医者が怖い人におすすめするレーザー治療 http://wherryrockets.com/?p=5 http://wherryrockets.com/?p=5#respond Mon, 30 Jan 2017 03:25:43 +0000 http://wherryrockets.com/?p=5 虫歯が出来てしまっても歯医者が怖くて虫歯をそのままにしてしまう人がいますが最近の歯医者での虫歯治療は痛みを感じることがほとんどありません。
渋谷の矯正歯科のサイトはこちらです。

最近の治療では無痛治療といって痛みを感じない治療が主流になっているので昔の虫歯治療と比べても痛みを感じることなく虫歯を治してもらうことが出来ます。無痛治療にはいくつかの種類がありますが一番一般的なのが麻酔をして痛みを感じなくさせる方法です。麻酔と聞くと麻酔をするときに痛みを感じてしまうと思われる人もいますが最近では麻酔をする前にまず表面麻酔をして麻酔を行うので麻酔をするときも痛みを感じることがありません。また、特におすすめの治療がレーザー治療です。レーザー治療は麻酔なしでも痛みを感じることがないぐらいにほぼ無痛の状態で虫歯を治すことが出来ます。他にもおすすめの理由として歯を削らないので歯を削るときの音や振動を感じないので歯を削る治療が苦手な人にもおすすめすることが出来る治療方法です。現在の歯医者ではこの様に昔の治療と比べて痛みを感じることがないので昔の歯を削って治療するのが主流だった頃の治療しか経験したことがない人にとっては現在の虫歯治療は理想的な治療方法になっています。ですので、虫歯を放置していても虫歯が悪化してしまうだけで何も良いことはありませんので勇気を出して歯医者に行って虫歯を治しましょう。無痛治療を行ってくれる歯医者に行けば痛みも感じないまま治療してくれます。

]]>
http://wherryrockets.com/?feed=rss2&p=5 0